30歳を過ぎて起る体の変化に悩んでいないだろうか?臭い、肥満、血糖値、薄毛などあなたの悩みを解決しませんか?

30歳からの体の悩み解決LAB

糖尿病について

【あなたは大丈夫?】糖尿病症状チェック!糖尿病の検査方法とは?

投稿日:

糖尿病の症状チェックで一番わかりやすいのは、喉の渇きです。

ペットボトルの水を一本飲んだ後に、喉の渇きが治まらず、もう一本飲んでしまうような場合は注意が必要です!

糖尿病になるととにかく喉が渇きます。

喉の渇きのために絶えず水分を取っているような状態が2週間以上続く場合は、病院に行ってこの病気の検査を受けてみましょう。

 

体重の減少も注意が必要

症状チェックとしてもう一つ有効なのは、体重の減少です。

体重が減り続ける場合は注意してください。

糖尿病になると血液がドロドロになり、血管が正常に働かなくなります。

そのために体に必要な栄養が、臓器にきちんと届きません。

これによって体の脂肪や筋肉がエネルギー源として使われるようになり、体重が減少していきます。

食欲が異常に亢進する場合もあります。

食べても食べても、食欲が止まらないで、いろいろなものを手当たり次第に口の中に入れます。

このような食欲の亢進が起こるのは、血液中に増えたブドウ糖を処理するためにインスリンが多く分泌されるようになるからです。

食欲の亢進は体重の減少とセットになって起こることが多いです。

健康な体だったら、食べ物を多く取ると体重が増加しますが、糖尿病の場合は体重が減っていきます。

これらの症状に心当たりがある方は、1度糖尿病の検査をしてみる事をオススメします!

検査をしてみて、もし糖尿病だったと言う人も、糖尿病じゃなかった人も、それが分かったことで対策が出来ます!

何も知らずに放置することが1番危険です!

糖尿病は合併症が怖い病気で、最悪、失明、手足の切断と言った事にもなり兼ねません!

最近では普段から、サプリメントで血糖値を下げる事が出来る商品もあります!

血糖値が気になる方は参考にしてみて下さい。

 

糖尿病の検査方法とは?合併症が怖い糖尿病になる前に!

糖尿病は、重篤な合併症を引き起こすこともあるため、

不摂生な生活をしている人ほど定期的に健康診断を受けて、糖尿病かどうかの検査をしてみると良いでしょう。

身体に何らかの異変がある場合はもちろん、血糖値が高くなった方はその体のサインを見逃すことなく糖尿病かどうかの検査をしてみましょう!

 

糖尿病の検査方法とは?

糖尿病の検査方法は、主に血液検査で血糖値の測定をします

糖尿病の場合、血糖値が高い状態が長く続くのが特徴ですが、血糖値は食事によって一日の間で数値がかなり変動するため、正しく診断をするためには、三つの検査方法によって調べていきます。

まず普段の血糖値を把握するために、食事から少し時間を空けて採血をします。

朝ごはんを食べてから少し時間をおいて病院を受診すれば問題はありません。

 

二つ目は採血当日の朝食を抜いて、空腹な状態で調べる方法です。

三つ目は採血まで10時間以上絶食したまま採血をする方法があります。

空腹時間が長くて心身に負担がかかりますが、糖尿病かどうかを把握するためには重要な検査方法です。

三つの検査を受けて数値に異常があれば【糖尿病型】と診断され、別の日に再検査を受けます。

 

その結果から再度異常があれば糖尿病と診断され、症状に応じた治療を受けていきます。




-糖尿病について

Copyright© 30歳からの体の悩み解決LAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.