30歳を過ぎて起る体の変化に悩んでいないだろうか?臭い、肥満、血糖値、薄毛などあなたの悩みを解決しませんか?

30歳からの体の悩み解決LAB

血糖値下げる方法

女性の糖尿病原因は何?!初期症状を知って早期解決しよう!

投稿日:

「女性は糖尿病になりにくい」と言われたのは今は昔。

最近、子どもや女性の糖尿病が増加していると言われています。

デリケートな女性は原因も様々で、女性の糖尿病には女性ならではの特徴があります。

女性の糖尿病にはどんな特徴があるのでしょうか?

見ていきましょう。

 

女性ならではの糖尿病の原因

一般的な糖尿病の原因は、男女を問わず血糖値が高い状態が長く続くことです。

女性ならではの原因はいくつかポイントがあります。

 

妊娠がきっかけの発症

「妊娠糖尿病」は、出産とともに正常に戻ることが多いと言われていますが、将来的に糖尿病になる可能性が高いとも言われています。

妊娠中は胎児に栄養を与えるために、胎盤から出るホルモンがインスリンの働きを抑えるため、一時的にブドウ糖のエネルギー代謝がうまくいかず、血糖値が上がりやすくなります。

妊娠中は糖代謝異常を起こしやすく、胎児への影響を与えやすいので、「妊娠糖尿病」とよばれる場合でも、糖尿病に至っていない状態もあります。

 

女性ホルモンの減少による発症

女性ホルモンエストロゲンが少なくなることによって、高血糖が引き起こされやすくなります。

エストロゲンは、肝臓の調子を整える作用を持っています。

肝臓の働きが弱くなると、インスリンが作用しにくくなります。

糖尿病はインスリンの働きが悪くなることが起因しています。

インスリンは、体に取り入れた糖を分解してエネルギーに代謝してくれる働きがあり、血糖値をコントロールするホルモンです。

また、脂肪が増えることでインスリンが作用しにくくなります。

 

更年期障害による発症

前述の通り、女性ホルモンの減少に加えて、更年期障害により様々な症状が現れます。

そのストレスのよる過食や肥満が高血糖につながる原因となります。

 

デリケートゾーンのかゆみが初期症状?!

デリケートゾーンのかゆみは女性特有の糖尿病の初期症状と言われています。

インスリンの作用が悪くなり、糖尿病になるとブドウ糖がエネルギーとして血管に届かず、尿中に排出されます。

それによって、体の栄養が足りなくなって、血行不良が起こることで、デリケートゾーンの粘膜がかゆくなっていきます。

20~30代の働く女性は食べ過ぎ、甘いものの摂り過ぎ、歩く機会の減少、ペットボトル飲料による糖分の摂り過ぎや仕事のストレスなど。

年代ごとの抱える背景が影響して糖尿病の方が増えているようです。

糖尿病は生活習慣で改善することができます。

しかし、自覚症状がでるころには進行が進んでいるという恐ろしい所もあります。

忙しい方や更年期を迎えた方は、忙しい毎日で気づきにくい血糖値の変化や小さな体の異変を見逃さないことが改善への糸口ともなります。

早めの対策で糖尿病を予防して活き活きライフを過ごして頂きたいと思います。




-血糖値下げる方法

Copyright© 30歳からの体の悩み解決LAB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.