ビークレンズの口コミを紹介します!実際に使ってみたレビューも紹介しています。 気になるダイエット効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。

【写真付き】ビークレンズ本音の口コミと実感出来た効果とは?

ビークレンズ

【人気のチャコールドリンク比較!】ビークレンズ、ダーククレンズ、黒汁、くろしろと徹底比較します!

更新日:

今チャコールドリンクがアツいですね!

普通に生きてるだけで溜まってくる不純物を排出してくれると聞くと、特にエイジング世代は「んん?」と興味が湧いてきますよね。

若い人も痩せやすい体を作るために、ぜひ飲んでおきたいドリンクです。

 

しかし巷にはチャコール系商品がかなり増えてきました。

一体どれを選ぶのが最適なのでしょう?

 

そこで今回は、おすすめのビークレンズを中心に、チャコールドリンクの中でもよく売れている人気商品を比較してみたいと思います!

 

ビークレンズ VS ダーククレンズ

ビークレンズ ダーククレンズ
内容量 30包 710ml(約24回分)
イチオシの成分 3種類の炭、コンブチャと植物由来の酵素300種類、1回100億個の乳酸菌など 4種類の炭、3種類の食事サポート成分、15種類のスーパーフード、291種類の植物発酵エキスなど
単品価格 8,640円 7,500円
定期コース初回 500円 1,800円(76%オフ)
定期2回目以降 6,480円(25%オフ) 6,750円(回数に応じて最高25%まで割引あり)
定期縛り 5回継続 4回継続
返金保証 20日間返金保証 なし

ダーククレンズは日本初の液体チャコールドリンクです!

液体なので粉を溶かすという手間が省け、手軽にチャコールドリンクを楽しめます。

置き換えダイエット時の空腹を感じにくくするために、スーパーフードがたくさん入っているところが嬉しいです♪

 

価格の比較

単品価格だけを見るとダーククレンズのほうが安いですが、定期2回目以降はビークレンズのほうが若干安くなります。

 

しかし!

ダーククレンズは回数が進むにつれて割引率が上がるので、最高の25%オフになる7回目まで継続すると5,625円まで安くなります。

 

ただしダーククレンズは約24回分の容量しかなく、1日1回飲んだとしたら24日分しかありません。

単純に比べられないですが、割引率が高いとしても、容量を考えると値段的には同じレベルかなと思います。

 

主な成分の比較

成分はダーククレンズのほうが充実していますね!

炭の配合数だけ見てもダーククレンズが4種、ビークレンズは3種です。

置き換えに使っても栄養がしっかり摂れ、お腹も空きにくいのはダーククレンズです。

 

定期コースの比較

定期コースはどちらも定期縛りがありますが、回数の少ないダーククレンズのほうが買いやすいイメージに見えますね。

しかし、ビークレンズは5回継続ではありますが20日間返金保証がついてますので、初回のみで止めることができるビークレンズのほうが買いやすいと思います。

 

結局どっちが良い?

お値段的に見ると互角かな?と思いますが、置き換えをしてしっかりダイエットしたい人は、栄養がたっぷり含まれ、成分的に優れているダーククレンズのほうがいいでしょう。

 

アレルギーがあり、定期縛りに不安がある人はビークレンズを選ぶと初回で止めやすいでしょう。

 

ビークレンズ VS 黒汁(くろじる)

ビークレンズ 黒汁
内容量 30包 30包
イチオシの成分 3種類の炭、コンブチャと植物由来の酵素300種類、1回100億個の乳酸菌など 3種類の炭、250種類以上の植物発酵エキス、発酵黒ショウガ、黒ジャバラ、黒酢、黒にんにくなど
単品価格 8,640円 7,450円
定期コース初回 500円 500円
定期2回目以降 6,480円(25%オフ) 5,960円(20%オフ)
定期縛り 5回継続 4回継続
返金保証 20日間返金保証 なし

黒汁もチャコールドリンクの中では人気でよく売れています。

炭を始め「黒い色素の植物」にこだわって製造されています。

黒色色素を持つ食べ物は、ポリフェノールやビタミンなどが豊富に含まれているんですよね。

ショウガも入ってポカポカしますし、黒酢のアミノ酸もしっかり摂れて栄養満点です。

 

価格の比較

同じようなスティックタイプの微粒チャコールですが、全体的に黒汁のほうが安いですね!

 

しかし、やはり気になるのは返金保証があるかないかですね。

継続回数で計算すると定期縛りが終わるまでに、ビークレンズは26,420円、黒汁は18,380円必要となりますが、返金保証があるので単純に比べられません。

ビークレンズは初回のみで止められる可能性があるからです。

 

主な成分の比較

同じように3種類の炭を使っていますし、他の原材料もどちらも引けを取らない印象を受けます。

ビークレンズのイチオシはコンブチャです。

黒汁はダイエットや美容に重要な成分が含まれた黒色色素の植物です。

成分をよく見比べて、どちらが体に良さそうかを判断するといいでしょう。

 

定期コースの比較

定期コースの比較になると、ビークレンズの5回継続がネックになってきますが、20日間返金保証が付いているか付いていないかは大きな差です。

回数だけで惑わされないようにしてください。

 

ビークレンズは5回は続けないといけませんが、体質に合わないとか湿疹が出たなど、健康上の理由で合わない場合は返金保証が受けられます。

初めてのものを飲むのが不安な人は、ビークレンズにしておいたほうが無難だと思います。

 

結局どっちが良い?

値段で選ぶなら黒汁ですね。

 

定期縛りが心配な方はビークレンズを選んでください。

 

ビークレンズ VS くろしろ

ビークレンズ くろしろ
内容量 30包 30カプセル
イチオシの成分 3種類の炭、コンブチャと植物由来の酵素300種類、1回100億個の乳酸菌など 1種類の炭、238種の野菜酵素、酵母、麹、10種類の乳酸菌など
単品価格 8,640円 7,980円
定期コース初回 500円 500円
定期2回目以降 6,480円(25%オフ) 4,980円
定期縛り 5回継続 4回継続
返金保証 20日間返金保証 なし

くろしろはカプセルタイプのチャコールサプリです。

溶かして飲むタイプがどうしても抵抗ある人にはサプリタイプがおすすめです。

炭の他に、238種類もの野菜の酵素、酵母、麹が含まれていて、日本人の体質に合う配合をしている印象があります。

 

価格の比較

価格はくろしろのほうが全体的に安いですね。

しかし炭の数も少ないのでこの価格の差は妥当かなと思います。

定期購入した場合の価格は、ビークレンズが5回継続で26,420円、くろしろが4回継続で15,440円となります。

 

主な成分の比較

やはり大きな差は「炭の数」ですね。

多ければいいというものではありませんが、炭にはそれぞれ特徴があり、吸着するものが微妙に違います。

数種類入っている方が様々な老廃物を吸着してくれますので、デトックス力は大きいと見ることができます。

 

炭以外の原材料は、くろしろのほうが栄養分は豊富なイメージがありますね。

乳酸菌はビークレンズにも1スティック100億個入ってますが、くろしろの10種類の乳酸菌は注目です。

乳酸菌は1種類よりも、多種類飲むほうが腸に合いやすく効果的です。

 

定期コースの比較

定期コースの初回は500円で一緒ですね!

初回はどの商品も大体安いのですが、問題は2回目以降です。

 

定期コースはビークレンズ5回、しろくろ4回です。

しろくろのほうが利用しやすいように見えますが、どうしても合わない時の解約には20日間返金保証が付いているビークレンズのほうが便利です。

 

結局どっちが良い?

お値段で選ぶならくろしろですが、成分の差を納得した上で選んでください。

そしてしろくろの最大の特徴はカプセルタイプということなので、チャコールを溶かして飲むのに抵抗がある方は選ばれるといいでしょう。

 

いや、やっぱり炭の種類は多いほうがいいと思うならビークレンズですね。

 

ビークレンズ VS ウルトラチャコール

ビークレンズ ウルトラチャコール
内容量 30包 150g
イチオシの成分 3種類の炭、コンブチャと植物由来の酵素300種類、1回100億個の乳酸菌など 3種類の炭、1億5千個の乳酸菌、80種類の植物酵素、デトックスハーブなど
単品価格 8,640円 3袋セット 初回のみ5,940円、2回目以降は1袋2,980円
定期コース初回 500円 なし
定期2回目以降 6,480円(25%オフ) なし
定期縛り 5回継続 なし
返金保証 20日間返金保証 なし

ウルトラチャコールはチャコールドリンクの中でも1,2を争う人気じゃないでしょうか?

飲むことに若干抵抗があるチャコールドリンクに、フレーバー(バナナ味)をつけて飲みやすくした最初の商品です。

お値段もお手頃で、初めてのチャコールドリンクに選ぶ人も少なくありません。

 

価格の比較

圧倒的にウルトラチャコールのほうが安いです。

初回のみ3袋セットで5,940円ですが、1袋に換算すると1,980円です。

 

しかも!初回はもう1袋おまけでくれるので、計4袋が届きます。

5,940円を4で割ると…なんと1袋1,485円で購入することができます。

2回目以降は定価の1袋2,980円になりますが、それでも他のチャコールドリンクと比べるとかなりお安いです。

 

ただし内容量の150gですが、1回に10g使うのがおすすめの飲み方ですので15日分しか入ってません。

2袋で30日分ということです。

それでも、通常価格で計算しても5,960円ですのでお安いチャコールには変わりありません。

 

主な成分の比較

ウルトラチャコールは安い割にちゃんと3種類の炭が入ってますし、他の成分も引けを取りません。

どっちの成分がいいかは好みが分かれますので、判断はおまかせします。

 

ただ、ウルトラチャコールはフレーバーが入っているせいか、水で飲んでも1杯37Kcalになるんですよね。

ビークレンズはたったの7Kcalです。

 

このカロリーの差はダイエットをしている人にとっては大きいと思います。

それにビークレンズには酵素がたっぷり入ってますので、カロリーダウンとともに代謝がアップしてきます。

ダイエットに最適なのはビークレンズの方ですね。

 

定期コースの比較

ウルトラチャコールには定期購入がないので、定期コースの比較はできません。

 

結局どっちが良い?

できるだけ安くチャコールドリンクを試したい!という方はウルトラチャコールですね。

しっかりと甘い味が付いていたほうが飲みやすそう!と思う方もウルトラチャコールです。

 

最初から本格的なダイエットを始めるならビークレンズです。

ちなみにビークレンズにもベリー味がついています。

 

ビークレンズ VS デトカルボ

ビークレンズ デトカルボ
内容量 30包 30包
イチオシの成分 3種類の炭、コンブチャと植物由来の酵素300種類、1回100億個の乳酸菌など 1種類の炭、青汁、コンニャクイモ抽出物、難消化性デキストリンなど
単品価格 8,640円 7,980円
定期コース初回 500円 500円
定期2回目以降 6,480円(25%オフ) 5,985円
定期縛り 5回継続 4回継続
返金保証 20日間返金保証 20日間定期解約保証

デトカルボはチャコールと青汁が一緒になったチャコールドリンクです。

青汁が入っているものは珍しいですね。

 

食物繊維の力で、吸着の終わった炭をしっかりと排出してくれます。

繊維が足りないと炭が残ってしまうことがあるそうです。

吸着と排出を徹底的に極めたのがデトカルボの特徴と言えるでしょう。

 

価格の比較

単品は660円、定期コースは495円デトカルボのほうがお安いですね。

しかし炭の種類はデトカルボ1種類、ビークレンズ3種類です。

原材料の違いがあるのにこの程度の差では、相対的にデトカルボは高いと言えるんじゃないでしょうか?

 

主な成分の比較

ビークレンズは酵素をふんだんに含んでいるので「痩せやすい体を作る」ことを主眼に置いています。

一方デトカルボは「排出」に重きを置いている配合のようですね。

どっちみち、炭が入っていればデトックスは行われます。

「痩せやすい体を作る」という付加価値が付いていたほうがお得感は増しますね。

 

定期コースの比較

継続回数はビークレンズのほうが多いですが、ポイントは20日間の返金保証定期解約保証です。

 

返金保証とは、20日間の間に申請があれば解約扱いとして返金を行うことです。

定期解約保証とは、初回で合わないと分かった場合、解約には応じるが初回割引分と単品価格の差額を支払わなければならないということです。

 

ビークレンズは20日間の間なら解約と返金に応じてくれますが、デトカルボは差額を支払えば解約に応じますと言っています。

初回が500円で、単品価格が7,980円なので、差額7,480円を支払わないといけません。

 

消費者に優しいのはビークレンズのほうだと思います。

 

結局どっちが良い?

お値段は少々高くても、炭の種類も多くダイエットに効果的なチャコールがいいならビークレンズ、

どうしても値段が安いほうがいい、もし合わなかった場合も差額は払いますという方はデトカルボを選ばれるといいと思います。

 

まとめ

人気のチャコールドリンクを比較してみました!

こうして並べてみるとビークレンズは少々お高いですが、20日間返金保証で安心感を与えてくれますね。

 

ダイエットを徹底して行いたいんだ!という方はビークレンズかダーククレンズ、

デトックスに重きを置きたい方はその他の商品から選ばれるといいと思いますよ(^^)

-ビークレンズ

Copyright© 【写真付き】ビークレンズ本音の口コミと実感出来た効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.